暑いですわ~(^-^;

画像

暑い~~~!!!

昨日は、インドネシア語の勉強会の日でした。
本日のスウィーツ♪

奥様手作りの 『ドーナツ』と『カキ氷』 の 2種類でしたの~(^^_)ルン♪

ホットケーキミックスでも作ったらしいのですが、固いしパサパサしているってコトで、ご自分で生地から作り直したんだそうです。

苦労の甲斐があった!
と~ってもウマイ(o^-^o)

画像



さてさて、肝心のインドネシア語。

本日は、ユリアティちゃんが「ベベ(アヒル)料理を注文する」というモノでした。

ここで、肝心なのは
kalau です。

kalauは 大抵「もしも~したら」という英語でいうところの「if」と辞書には載ってます。

Orang Bali biasanya kalau makan pakai ini.

Orang=人
Bali=バリ
biasa(nya)=普通
kalau=もし
makan=食べる
pakai=使う
ini=これ

なので、辞書通りに翻訳すると
「バリ人は、もし食べるとしたらこれを使うのが普通です」

???ワケワカンナイですσ(^◇^;)

こういう時の kalau は、この場合・こういう際・こういう時~というコトは…などと翻訳するんだそうです。

なので、Orang Bali biasanya kalau makan pakai ini.は
「バリ人は大抵コレを使って食べます」 というような訳し方になります。

bebekはアヒルのことなので、この料理では、手を使って中身を取り分けて食べることになります。

この「アヒルの中身」。。。
アヒルには、tulang=骨 kulit=皮 dagin=肉 が ありますよね?

isinya=isi=中身 なので、こうして肉を取り分けます…の文章の「肉」に当たる部分は isiと表現されます。

あぁ、ちょっと勉強になったかも?
…大好きな「食べ物」の勉強だったから(笑)




この記事へのコメント

バナナ
2006年08月07日 14:26
そうそう ホットケーキの素って
すぐ堅くなるんだよね~
先生の奥様って凄いね!
チョコちゃん いいなぁ(⌒~⌒)ニンマリ

インドネシア語 レベル高い(´・ω・`)
ベベッブンギルのアヒルちゃん 食べたくなったぁ♥ 
chocolat
2006年08月07日 20:39
奥様ってスゴイの~!
次回は、ワタシのお手手の練習も兼ねて「アヤム・ゴレン」のサンバルムンター付きをご馳走してくれるんだよ♪
お手手で食べるのって難しいからね~(笑)